プロが教える美味しいアイスコーヒーの作り方

サイトマップ

カフェスクールの授業風景

カフェスクールでは、全6日間の授業でカフェで必要になるコーヒーの基礎知識やドリップコーヒー、エスプレッソマシンを使用したエスプレッソ抽出、カプチーノ作成、スムージードリンク、紅茶、その他カフェで提供するアレンジドリンクなどを学びます。

オプションで、「カフェフードセミナー」、「アルコールメニューセミナー」、「独立・開業サポート」なども学べます。

カフェ ドリンクコース授業の様子

エスプレッソの抽出

最初の3日間でエスプレッソマシンを使ったコーヒーの抽出、カプチーノ作成、ドリップコーヒーの抽出、コーヒー豆について、などを学びす。

エスプレッソの抽出

写真の担当講師は駒場東大前でカフェを経営されている藤原先生です。
アイスコーヒーの様々な淹れ方による味の違いを勉強しています。
基本的には教える内容に変わりはありませんが、複数の講師に教わる事で人脈の広がりやチョットしたヒントを多く得られる為に、実際にカフェを経営されている講師を招いています。

カプチーノ作成の風景

動画はカフェスクール(学校)の授業のカプチーノ作成の風景です。 まずは正確にカップの中心に〇型に白いミルクを浮かせる事ですが、最終的には動画のような模様を描けるように練習します。

カフェスクール授業内容 ~ 後半 ~

カフェアルコール

残り3日間ではサイフォン、スムージードリンクやフルーツジュースの絞り方、紅茶などの基本を学びます。

写真は、エスプレッソを淹れてブランデーとキャラメルシロップを入れてのカフェアルコールメニューの授業の様子です。
この日は珈琲を使ったアルコールメニューの勉強をしました。

ラテアート

写真のような見た目が華やかなドリンクも作ります。

サイフォン

同じコーヒー豆でもドリップ、サイフォン、アメリカーノ、フレンチプレスなど様々な抽出器具を使用すると味わいが全て変わります。
適切な抽出器具を選ぶのもバリスタの大事な仕事ですね。

カフェスクールブログ

プロが教える美味しいアイスコーヒーの作り方

毎回同じ味の安定的なアイスコーヒーを作るのは意外と難しいですよね。
だんだん暖かい季節になってきましたのでアイスコーヒーを作る機会も多くなってきたかと思います。
色々にアイスコーヒーの作り方はありますが今回は安定的な味わいのアイスコーヒーの作り方(ドリップ編)の動画を投稿いたしますのでご興味のある 方はぜひご覧ください。
カフェオレ

アイスコーヒーは一般的には少し深煎りしたコーヒー豆を使います。
最近は中煎り程度のさっぱりしたフルーティなアイスコーヒーも増えていますが、今日は深煎りしたコーヒー豆を使います。

アイスコーヒーの作り方

  1. まずはペーパーフィルターをセットします。
  2. ほそびきに挽いた豆の粉をセットし、少し振って水平になるようにします。
  3. コーヒーの粉全体にお湯がかかるようにして、蒸らします。ポタポタと照れる程度のお湯を注ぐのがポイント。(一般的なドリップコーヒーの時も同じ)
    蒸らしの作業は30秒~45秒くらい。コーヒーの粉を蒸らすことによってエキスをより抽出しやすい状態にします。
  4. 中心から10円~500円玉くらいの大きさの範囲でゆっくりと回しながら注湯していく。
    お湯が完全になくなる前に注湯する作業を繰り返します。
  5. お湯が最後まで落ちきる前にドリッパーを外します。
    粉の層がドリッパーの周りに均一にへばりついていれば安定的にコーヒーが抽出されたバロメーターになります。
  6. 抽出されたコーヒーを氷水につけたピッチャーに入れます。
  7. 攪拌して急激に冷やします。
    グラスに氷を入れて冷やす方法やサーバーに氷を入れて落としながら冷やす方法もありますが、どのぐらい氷が解けるかコントロールできない場合が多いので、ピッチャーを氷水につけて冷やすほうが毎回同じ味を作ることができます。
  8. 温度をチェックして完成です。
  9. グラスに氷を入れてコーヒーを注ぎます。最後に氷が入ったグラスを攪拌して完成です。

カフェオレ・カフェラテ・カプチーノの作り方の違いについて

カフェオレとは

カフェオレはドリップコーヒーをベースにして、牛乳で割ったコーヒー50%、牛乳50%の飲み物です。
「オレ」の「レ」はフランス語で「牛乳」の意味です。
カフェオレ

カフェラテとカプチーノのベースはエスプレッソ

カフェラテ
カフェラテとカプチーノは、カフェオレとは少し別のものです。
何が違うかというと、ベースのコーヒーがエスプレッソ(エスプレッソマシーンを使って圧力をかけて抽出した濃いコーヒー)です。
「ラテ」は、イタリア語で「牛乳、ミルク」の意味ですので、カフェラテはエスプレッソコーヒーを牛乳で割ったものということになります。

カフェラテとカプチーノの違い

カプチーノ
カフェラテとカプチーノは国やお店によってとらえ方が違うので定義が難しいです。特にカフェラテはいろんな種類があり、コーヒーに興味がある人でも混乱しますね。
カフェラテはエスプレッソ20%、スチームで温めた牛乳80%、240ml以上のカップで提供する場合が多いですが、まれに200ml程度のカップで提供される場合もあります。

カプチーノはエスプレッソ30%、牛乳70%、一般的には150ml~200mlのカップで提供されることが多いと思います。カプチーノは上に泡(フォームドミルク)浮いていることが多いですね。
エスプレッソ、温めたスチームミルク、泡立てたフォームドミルクの一体がカプチーノの定義になります。

カフェラテとカプチーノの大きな違いは、泡がのっているかどうか、牛乳の比率がカフェラテのほうが多いのでコーヒーの味わいが優しくなるということですね。

ただ、フォームドミルクの乗っているカフェラテもあるので、その辺が混乱するのかな?と思います。たとえばシアトル系の有名なカフェでは泡がのっていたりしますね。
店によっていろんな解釈でカフェラテを作っているのでいろいろなスタイルができています。
カプチーノとカフェラテでは牛乳の量が圧倒的に違いますが、カフェラテは泡がのっていてものっていなくてもカフェラテと言えるので、なかなか違いが難しいです。

しかしながらカプチーノが240ml以上のカップや大きいマグカップで出てきたら違和感があります。逆にカフェラテが小さいカップで出てきても少し違和感がありますね。
いろんなお店に行ったり本を読んだりして、自分なりの解釈でカフェラテとカプチーノのすみわけを見つけてください。

11月のカフェスクールがはじまります

明日(6日)からは11月のカフェスクールがはじまります!
今月も生徒さんにとって有意義な時間になるように講師一同頑張ります‼️
新しい生徒さんとの出会いを楽しみにしています^_^

以下はジャパンカフェスクールの講師の藤原先生のお店での動画です
基本のハート♥️のラテアートをしていただきました😄
私(校長の坪井)のコーヒーの先生でもある藤原先生のカプチーノはやはり最高でした。

以下はカプチーノ作成の動画を撮影しました😄
フリーポア(ピッチャーを動かして作るラテアート)でいろいろな模様が描けるという事はきめ細やかなフォームドミルクが出来ている証拠です。
ラテアートが出来るようなカプチーノは味も美味しいという事ですね😉

ご入学手続きはこちら

バーテンダースクール体験入学はこちら

バーテンダースクールお問合せはこちら

*
to TOP

{literal}{/literal}