焙煎教室 個人授業コースでは、焙煎士(Roaster)になるために必要な技術を習得することができます

サイトマップ

焙煎教室 個人授業コース

焙煎士になるためのRoaster&Cafe Drink個人授業コース   受講料 ¥135,000

焙煎士(Roaster)になるためのコーヒー生豆についての座学から実際に業務用焙煎機を使用した実習やドリップコーヒー・サイフォン・エスプレッソマシンを使ったバリスタの技術までカフェドリンクの基本も同時に学べます。 日程、時間は予約制でご都合の良い日程と時間を選べます。 ドリンクの授業18時間+焙煎の授業8時間の全26時間のカリ キュラムになります。

焙煎士になるためのRoaster個人授業コース   受講料 ¥70,000

焙煎士(Roaster)になるために必要な技術を習得することに特化したコースになります。 コーヒー生豆についての座学を勉強したうえで実際に業務用焙煎機を使用して繰り返し練習することで技術を身に着けます。日程、時間は予約制でご都合の良い日程と時間を選べます。 焙煎の授業のみ全12時間のカリ キュラムになります。

焙煎とは

焙煎は生のコーヒー豆を火で煎ることで、コーヒー豆の持つ酸味や苦味、香りを最大限に引き出します。
コーヒーの味の8割がこの焙煎で決まってしまう! といわれるほど大切な作業です。
上手に焙煎されたコーヒー豆は大きく膨らんでしわがなく、表面に光沢があり、色が均一になります。

焙煎教室の講師

主任講師 田口 晋也

カフェスクール講師田口 晋也

プロフィール

東京會舘での修行の後、カフェバーで店長を勤める。 現在は製菓専門学校やホテル専門学校でバリスタやバーテンダーなど、飲料全般の講師として活躍している。
Roasterコース講師 三浦 靖彦

三浦 靖彦

プロフィール

不動産業界からの転身という異色の経歴を持つ。コーヒー、特に焙煎の持つ奥深い魅力に取りつかれ会社員時代から数多くの焙煎店を訪ね歩くとともに自宅車庫で焙煎を始める。 焙煎師、コーヒーコンサルタントである中野弘志氏に師事。他各所での焙煎修行ののち平成23年に新浦安にスウェルフレッシュネスコーヒーをオープン。

授業内容

  • コーヒー豆についての基本の知識コーヒー豆についての基本の知識
  • コーヒー豆についての基本の知識欠点豆の除去(ハンドピック)の方法
  • 焙煎機の構造について焙煎機の構造について
  • 焙煎機の使い方焙煎機の使い方について
  • ハンドドリップでのコーヒー抽出
    ハンドドリップでのコーヒー抽出
  • エスプレッソマシンでのコーヒー抽出エスプレッソマシンでのコーヒー抽出
  • サイフォンでのコーヒー抽出サイフォンでのコーヒー抽出
  • カプチーノの入れ方カプチーノの入れ方

授業料と受講日時

Roaster & Cafe Drink個人授業コース
(ドリンクの授業18時間+焙煎の授業8時間の全26時間のカリ キュラムになります。)¥135,000

日程、時間は予約制でご都合の良い日程と時間を選べます。

焙煎機の説明と試し焙煎もさせてくれるサポート企業

焙煎機小型焙煎機 ジャパンカフェスクールのサポート企業の富士珈機様のオフィスでは、詳しい焙煎機の説明に加え、焙煎もさせていただくことができます。 コーヒーの美味しさの70%くらいはコーヒービーンズと焙煎で決まるとも言われています。 近年のマイクロロースター&カフェブームの理由もコーヒービーンズや焙煎にこだわる方々が増えた事が理由の一つのような気がします。

ご入学手続きはこちら

*
to TOP

{literal}{/literal}