バーテンダースクール・カフェスクールではカフェ・バーの開業に向けた技術習得ができ、学校卒業後の開業支援やインターンシップも行っています。

サイトマップ

美味しいウィスキーハイボールを作る時のポイント


ハイボール(ウィスキーのソーダ割り)は最近流行ってますから是非参考にしてください。

ハイボールの美味しい作り方  ハイボール

  1. 氷の入ったグラス(動画ぐらいのサイズのグラスで)にウィスキーを30~40ml入れる
  2. 攪拌して冷やす
  3. 氷に当てないように、液体に狙って炭酸を入れていく
    (ウィスキー1に対してソーダは2~2.5が一般的です)
  4. 炭酸が抜けないように一度ぐらい回す

ハイボールの名前の由来

諸説ある中で一番有名なのは、スコットランドのゴルフ場で当時珍しかったウイスキーソーダ割りを試している所へ、高々と打ち上げられたボールが飛び込んできて、「これがハイボールだ!」と言ったという説です。

また、19世紀のアメリカの鉄道は、高い鉄塔に気球を吊し、それを信号係が上に高く掲げるとGOのしるしになったという説や、セントルイスの信号係にウイスキーのソーダ割りが好きな人物がいて飲むたびに”ハイ・ボール”といったところから、この名がついたという説、その他にも、ソーダから上昇する泡をボールに見立てて、ハイボールと呼んだという説もあります。

ご入学手続きはこちら

*
to TOP

{literal}{/literal}